良い業者の見分け方|盗聴されてるかもしれないと思ったらプロに機械を発見してもらおう
作業者

盗聴されてるかもしれないと思ったらプロに機械を発見してもらおう

良い業者の見分け方

盗聴

機材を見ておく

盗聴調査をするなら、良い業者に依頼したいと誰もが考えることですが、慣れていない場合だと、どのようなところを見るのかわからないといった場合も多いでしょうから、いくつかあるポイントだけでも覚えておきましょう。盗聴調査業者が使用している機械を見ておきたいのですが、最新のもので、さらにいくつもの種類を使い分けているところがおすすめです。当然のことながら、新しいものの方が性能が高いですし、さまざまな受信機を持っているということは、いろんな場面に対応できるということを意味します。ホームページで紹介している場合も多いのですが、そこに載っているものと実際に使う機械が違う場合もあるため、注意しておきたいところです。

知っておきたいこと

稀に盗聴調査業者が家にやって来て、「ここは盗聴されているので調べさせてほしい」と言われることがあります。悪徳業者と決めつける必要はなく、本当に善意で行なっている盗聴調査業者もいるのは間違いないのですが、念のためお願いする前に料金の確認は必須です。できれば書面にしてもらい、追加料金が発生しないことを確約できた場合にのみ作業を許可して、そうでない場合はきっぱりと断っておけばトラブルを避けられます。それでも食い下がってくるようなら、然るべき機関に相談させてもらうと言えば、たいていの盗聴調査業者は引き下がります。それから、中には盗聴調査業者が自ら仕掛けたものを、あたかも今発見しましたと自作自演する場合があるため、盗聴器が見つかったとしても勝手に取り外さず、設置されていてい状況を見せてもらうように言っておけば、不正を防げます。