身の回りにある盗聴の危機|盗聴されてるかもしれないと思ったらプロに機械を発見してもらおう
作業者

盗聴されてるかもしれないと思ったらプロに機械を発見してもらおう

身の回りにある盗聴の危機

調査員

定期的な調査で情報を守る

盗聴器を仕掛けるといった事件はドラマの中の出来事だと思っている人がいます。しかし、実際に盗聴器を仕掛けられるケースが非常に増えているのが現実です。それは企業でも個人でも同じです。なぜ盗聴器を仕掛けるのかというと、それだけ情報というものが価値を持つ時代だからです。興信所に盗聴器調査を依頼する人が増えているのは、真剣に企業情報や個人情報を守ろうとするからです。今の盗聴器は非常に小型化しており、電話の送話口や電気のコンセントの中にも仕込むことができます。それに対して盗聴器調査をする機器も進化しており、興信所に依頼すれば発見できるのです。定期的に盗聴器調査を依頼することによって企業は重要な情報の漏洩を防げますし、個人はプライバシーを守ることができるのです。

盗聴器を仕掛けられる状況

自分には盗聴器調査は不要だと思い込んでいる人は、自分の身の回りをよくチェックする必要があります。例えば自分の娘にしつこく言い寄る男性がいる場合も、知らない間に仕掛けられていることがあります。このような状況にある場合は、安全と安心のために一度は盗聴器調査をするべきです。また近所に空き巣が多い場合も危険です。最近の空き巣は盗聴器を仕掛けて留守を確認し、侵入するケースが多いのです。その他には遺産相続でもめている場合も、盗聴器が仕掛けられることがあります。このように私たちの身の回りには色々な情報があるので、盗聴器調査の必要性は高くなっているのです。